サッカーニュース
2021年、世界で最も価値のある5人のサッカー選手はこれだ

サッカー選手はよく移籍が行なわれますよね。その際に注目されるのが、移籍金です。移籍金はその選手の市場価値を表すものであり、金額が高ければ高いほどその選手の人気度がわかります。 そこでこの記事では、2021年に最も価値のルサッカー選手を紹介します。 #1位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)|1億6000万ユーロ ユーロ2020でのキリアン・ムバッペの活躍は最高とはいえるものではなりませんでした。ラウンドオブ16のスイスとのシュートアウトでPKを失敗し、フランスは大会から脱落してしまったからです。 このようにチームとしては成績を残すことができませんでしたが、キリアン・ムバッペの市場価値は相変わらず高く評価されています。 キリアン・ムバッペはまだ22歳であり、その実力の高さは何度も証明されてきました。昨シーズン、パリ・サンジェルマンはリーグ優勝を果たせませんでした。しかし、キリアン・ムバッペは、リーグ1で27試合に出場し、27ゴール、7アシストを記録するという素晴らしい成績を残しました。 キリアン・ムバッペはまだ若い選手であるため、今後ますます市場価値が上がることでしょう。 #2位 エルリング・ブラウット・ハーランド(ボルシア・ドルトムント)|1億3000万ユーロ エルリング・ブラウット・ハーランドは、現在ボルシア・ドルトムントに所属している選手です。 しかし、エルリング・ブラウット・ハーランドは近いうちにボルシア・ドルトムントを離れる可能性が高いとされており、いくつかのクラブがすでに興味を示しています。 そんなエルリング・ブラウット・ハーランドは、世界最高の若手ストライカーとして評価されており、1億3000万ユーロの価格が設定されています。 まだ、エルリング・ブラウット・ハーランドは20歳ですが、昨シーズンのブンデスリーガでは27試合に出場し、27ゴール、6アシストを記録しました。 #3位

サッカーの歴史
サッカーのスパイクのの歴史

今回はいつもとは少し異なり、歴史という観点からサッカーについて紹介していきます。この記事で紹介するのは、スパイクの歴史。普段はなんてことなく履いているスパイクですが、僕たちの足を守ってくれる大事なシューズですよね。 では、これまでどのようにスパイクが発展してきたのかを振り返っていきましょう。 スパイクの誕生からこれまで 歴史上最初のスパイクは、1526年にイングランド王ヘンリー8世のために作られたとされています。1891年以前は、サッカー選手が履く靴はフラットではなくてはならず、凹凸を作ることは禁止されていました。しかし、その後の改正により小さなスタッドやバーが使用されるようになり、現在のものに似たスパイクが誕生するようになったのです。 そして、1950年代になって、アディダス社がゴムやプラスチック製のスタッドを交換できるスパイクを発表しました。これにより、天候やピッチの状態に応じて、異なるスタッドを取り付けることができるようになりました。また、スパイクの軽量化も同時に進められました。 さらに、より保護性の高いスパイクが販売されるようになり、全世界に広まっていきます。 スパイクの色は最初は黒一色でした。しかし最近では、新しい素材や技術、ファッションや消費者アイテムとしてのスパイク人気により、いろいろな色のスパイクが誕生するようになりました。 ブーツの歴史年表 1800年代 この期間中、サッカーはイングランドで人気を集めていました。しかし、多くの人は主に作業ブーツサッカーをプレイしており、スパイクは浸透していませんでした。 ただし、当時履かれていたブーツは、金属鋲やスタッドをブーツの底に入れていたので、グリップは十分あり、滑るということもありませんでした。ただ、非常に重いというのが大きなデメリットでした。 1900年から1940年 1900年から1940年までの期間は戦争があったため、スパイクの形は変わらりませんでした。しかし、ValsportやGolaなどがこの期間に人気を博しました。 1940-1960年代 1940-1960年代には、第二次世界大戦が終わり、スパイクのデザインが大きく変わりました。そして、軽量化と柔軟性に重点が当てられ、保護のみを目的としたスパイクを作るのではなく、軽量で機敏な動きができ、より良いキックができるスパイクを作るようになります。

サッカーニュース
最高のプレイを向上させるスマートなスポーツ機器

最近では様々なスポーツ用品が販売されています。クラシックなものだけではなく、最新テクノロジーを使用したものも多く、それらは僕たちのスポーツライフを大きく変化させます。 特にスマートスポーツ用品が最近注目度が上がっており、多くのスポーツ選手も利用しています。 そこでこの記事では、スポーツのプレイを向上させるスマート用品を紹介します。短時間で効率よく試合でのパフォーマンスを向上させたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね! InfoMotion 94Fifty Smart Sensor Basketball 最初に紹介するおすすめのスポーツ用品は、InfoMotion 94Fifty Smart Sensor Basketball(インフォモーション94フィフティースマートセンサーバスケットボール)です。こちらの商品は295ドルで販売されています。 このバスケットボールは商品名からわかる通り、センサーが搭載されているのが特徴。そして、そのセンサーがあることにより、ドリブル、ドリブルの力、シュートのリリーススピード、シュートの弧、バックスピンなど、プレイヤーが上達したいと思っているスキルを測ることができます。 そして、InfoMotion

サッカーニュース
オリンピックを終えて、日本チームのレビュー

東京オリンピックが終了し、しばらく時間が経ちました。当時は白熱していましたが、今ではオリンピックの話題も少しずつ消えつつあります。 ではこの落ち着いてきたタイミングで、東京オリンピックにおけるサッカー日本代表チームの活躍ぶりをレビューしてみましょう。 日本の男子サッカーチームの成績 東京オリンピックの日本の男子サッカーチームの成績は4位。トップ3が期待されていましたが、3位決定戦に負けてしまったため、最終的には4位で終了しました。これによって、53年ぶりのメダル獲得を逃してしまったのです。 4位というのは2012年のロンドンオリンピック以来の好成績となりますが、それでも日本男子サッカーチームには厳しい声が多く集まりました。 参加メンバー 東京オリンピックに出場できるのは原則24歳以下の選手のみとなります。 今回の東京オリンピックでは、日本チームは冨安健洋や堂安律、それに久保建英など、海外の主要リーグで活躍する「史上最強」のチームを構成して挑みました。 また、オーバーエイジ枠にはキャプテンの吉田麻也をはじめ、酒井宏樹、遠藤航を投入。かなり監督も力を入れてメンバーを収集したといえるでしょう。そのため、東京オリンピックでは金メダル獲得も期待されていたのです。日本国民もこれだけ豪華なメンバーを集めた日本チームにかなり注目していました。 世界との実力の差が露呈 かなり意気込んで挑戦した東京オリンピック。しかし、実際に東京オリンピックが開幕すると、世界との実力の差が痛感させられる結果となりました。 日本は準決勝までは非常に順調であり、国民の期待通りの活躍をしていました。 しかし、決勝進出を目指した準決勝のスペイン戦。ここで大きな実力差を見せつけられる結果となったのです。 日本チームは序盤からスペインチームにボールを支配されてしまいます。何とか無失点でしのぎ延長戦にまで持ち込むことができましたが、最後の最後にレアルマドリードでプレーするマルコ・アセンシオにワンチャンスをものにされ敗北。 さらに3位決定戦となるメキシコ戦では、相手の2倍以上の数のシュートを打ったものの結果として1対3で敗北。正念場で勝利をつかむことができなかった日本チームは、メダルを逃してしまったのです。

用品
2021年の人気商品、おすすめのスマートスポーツガジェットを紹介

スポーツをする際には、より効率よく行うためにガジェットを活用するのがおすすめです。最近ではたくさんのメーカーが最新商品を出しており、これらにはびっくりするくらいの高機能が備わっています。そこでこの記事では、2021年に注目を集めている人気のスポーツガジェットを紹介します。 気になる商品があったら、早速購入してみましょう! NURV NURVは絶対に購入したいスポーツガジェットです。NURVは靴底に簡単に入れることができるインソールであり、GPSでルートを追跡することができます。また、ランニングテクニックの分析を行ってくれるのが特徴、これによりランニングの上達が可能になるとともに、怪我を避けられるようになります。 NURVを装着していてもまったく違和感はないので、誰でも快適に使用することができます。 Fitbit Charge 4 スマートで防水性に優れたFitbit Charge 4。これは、Fitbitの中でも最も先進的なトラッカーであり、身に付けるだけでマイ数をモニターすることができます。ランニングだけではなく、サイクリスト、トレイルランナー、スイマーにもおすすめのスポーツガジェットだといえます。 また、Spotify、GPS、Fitbit Payの機能を内蔵しているのもFitbit Charge 4の特徴。デザインもスマートなので、ファッションとしても楽しむことができるでしょう。

トレーニング
トレーニングと勉強を両立させる方法を紹介

スポーツをしているのであれば、日々のトレーニングは欠かせません。しかし、学生の場合勉強をしなければいけないため、毎日トレーニングに十分な時間を割くということは難しいでしょう。 そこでこの記事ではトレーニングと勉強を両立させる方法を紹介します。なかなか勉強とトレーニングの両立ができないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 1. 正確なスケジュールを立てる まず大切なことは、スケジュールをしっかりと立てるということです。 普段から忙しくしていると、効率的に日々を生活することができません。そんため、事前にスケジュールを立てそれに従って生活することで、時間を有効に使うことができます。そして、トレーニングに時間も十分に確保できるようになるでしょう。また、一度スケジュールを立てたら、必ずそれに従うようにしましょう。自宅の一番目立つどころなどにスケジュールを貼っておくと、それを遵守しやすくなるのでおすすめです。 2. 休み時間にスポーツをする 忙しくてスポーツをする時間がないときは、大学の30分の休憩時間を利用するといいでしょう。普段は休憩時間は友達と食堂でゆっくり過ごすことが多いのではないでしょうか?しかも、お菓子を食べたりして、かなり不健康な生活をしている人も多いはずです。 友達と遊んでいる時間をトレーニングに充てることで、時間を有効に使用することができます。大学近くのジムを利用するというのも1つの方法でしょう。 また、短時間でできるジョギングやスクワットなどのトレーニングを休憩時間にするのも効果的です。一緒にトレーニングが楽しめる友達がいると、休憩時間も楽しくトレーニングができるでしょう。 3. 大学でチームスポーツをする 大学ではたくさんのサークルがあり、それらでスポーツをすることでもできます。サッカー、バスケットボール、サッカー、野球などたくさんのサークルがあるので、それらの中から自分に合ったものを選択するのがいいでしょう。ただし、スポーツサークルの中には飲みサーもたくさんあります。そのようなものに入ってしまうと、スポーツをするどころか飲み会ばかりで体に逆効果になってしまいます。そのため、正しいサークルを選ぶようにしましょう。 4.