サッカーの歴史
日本のサッカーの歴史

昔から楽しまれているサッカー。サッカーはいつ日本に伝わったのでしょうか?どうして日本でサッカーが人気を集めるようになったのでしょうか? この記事では、日本のサッカーの歴史を振り返ります。 ぜひサッカーについての豆知識をこの記事で身に付けましょう。 サッカーのはじまり サッカーはいつの時代からプレイされるようになったのでしょうか?サッカーの起源については諸説ありますが。一般的にはサッカーは19世紀末にイギリス人によって発明されたと言われています。イギリスを中心にサッカーが広まっていき、ヨーロッパで中心に楽しめれるようになったのです。このようにサッカーはヨーロッパで誕生したので、現在でも欧州リーグが盛り上がりを見せているのでしょう。 サッカーはイギリスではじまりましたが、実際には数十年前から他の多くの文明が同様のスポーツを行っていたとされています。日本でも、平安時代に蹴鞠(けまり)というよく似たスポーツがありました。蹴鞠をしている様子は、教科書などにも掲載されていますよね。 蹴鞠は中国のCujuに由来し、ポルトガル語に直訳すると「ボールを蹴る」という意味になります。 これが直接的なサッカーのはじまりではないとしても、重要な先駆者であったと考えることができます。実際に蹴鞠にも単にボールを床に落とさないこと、手を使わずにプレイヤー間でボールを交換すること、などサッカーによく似たルールがありました。そのため、日本でもサッカーに似たスポーツが国民の間で楽しまれていたのです。 時間の流れと共に蹴鞠は日本ではプレイされなくなりました。しかし現在でも、お祭りの時などイベントの際に蹴鞠は楽しまれています。 日本でのサッカー人気とブラジル 日本のサッカーの歴史は、ブラジルと密接に関係しています。日本でサッカーが人気を集め始めたきっかけは、1991年のジーコの鹿島アントラーズへの移籍だとされています。 元カナリア代表のジーコは、日本人にとっては大スターであり、日本でのサッカーの成長と人気に貢献しました。そして、ジーコをきっかけにサッカー人気が上昇したことで、現在のプロサッカーリーグであるJリーグの創設にもつながったといわれています。 日本でブラジルはサッカーの強豪国、という印象が強くありますよね。これは実はジーコが日本に強いイメージを植え付けたことからきているのです。 日本サッカーの現状 日本のサッカーは大きく発展しており、現在はアジア大陸で最も強い国のひとつとして数えられています。

トレーニング
サッカーのキックを上達させるコツ

当然のことながら、サッカーにおいて一番の重要なスキルとはキックです。 しかし、キックをどのように上達させたらいいのでしょうか? この記事は、サッカーがうまくなりたい、得点できるようになりたい、という方に向けて、サッカーのキックを上達させるコツを紹介します。 ボールの上での足の置き方を気を付ける ボールをける前には、ボールの上に足を置きますよね。キックをうまくなりたいのであれば、足を置く場所に注意を払ってみましょう。そして、足を正しく置くことで、キックの精度と勢いを向上させることができます。 例えば、ボールの真ん中を蹴ったにもかかわらず、常にゴールの上を蹴ってしまう場合、置き足の位置がボールの後ろになっていると考えられます。 足を置いた位置によってどのようにボールが飛ぶかが異なるので、その仕組みを理解することで、キックの精度を上げることができるでしょう。 ゴールキーパーの位置を観察する 得点したいのであれば、ゴールドキーパーの位置をよく確認しましょう。 ゴールキーパーはゴールの中央に立っているので、コーナーに近い位置でシュートを打つと得点しやすくなります。 また、ゴールキーパーは、ゴールに向かってまっすぐ飛び込むよりも、上や下に向かって飛び込む方が難しいとされています。そのため、シュートはGKの上か下に打つのがいいでしょう。もしくは、ゴールの上隅、アッパー90が理想的なシュート位置となります。 キック時頭を下げてボールを見ること 試合中にキックする際には、視線が動いてしまいますよね。キック中にディフェンダーやゴールを見ている人も多いはずです。 しかし、キックをするときには、まっずぐとボールを見ることが大切です。そうすることで、精度とパワーを向上させることができます。 インステップキック

用品
サッカーのバーチャルリアリティーを利用したトレーニング、本当に可能?

最近は最新テクノロジーがたくさん誕生しており、バーチャルリアリティーがいろいろな場面で使用されるようになりました。そして、ここ数年では、バーチャルリアリティーを使用したサッカーのトレーニングが注目されています。バーチャルリアリティーを使用すれば家で簡単にサッカーのトレーニングができるということですが、まだまだ僕たちの生活の中で実用化されているという実感はないですよね? テクノロジーは日々発展しているものの、本当にバーチャルリアリティーを使用したサッカーのトレーニングというのは可能なのでしょうか? そこでこの記事では、バーチャルリアリティーの現状と、バーチャルリアリティーでできること、家庭への浸透について考えていきます。 バーチャルリアリティーを使用したサッカートレーニングとは? バーチャルリアリティーとは仮想現実のことを言います。バーチャルリアリティーでは専用のゴーグルなどを身に付けることにより、仮想現実の中に入り込み、リアルな体験をすることができます。 そして、バーチャルリアリティーでサッカーフィールドを再現することで、サッカーのトレーニングを可能にしようという取り組みがあるのです。 バーチャルリアリティーでは専用の機器を利用することで、プレイヤーの動きを分析することができます。これにより、プレイヤーの癖や欠点などを特定することができるのです。そのため、バーチャルリアリティーは次世代のスター選手の育成手段としてかなり注目されているのです。 また、バーチャルリアリティーでは現実では不可能なことも可能です。例えば、実際に練習する際には、天候をコントロールすることができないですよね。しかし、バーチャルリアリティーを利用すると、濡れた芝生の滑りなどを再現することができます。そのため、バーチャルリアリティーでは天候をもコントロールしつつ、練習することができるのです。 このようにバーチャルリアリティーを利用すれば、より効率よくトレーニングをすることができるのです。そのため、バーチャルリアリティーにより、スター選手が誕生しやすくなるともいえます。 注目のサッカートレーニングアプリ「Rezzil」 バーチャルリアリティーを利用したサッカートレーニングアプリとして注目されているのがRezzilです。RezzilはRezzil Player 21が提供するサッカートレーニングアプリであり、SteamVRで配信が開始されています。 Rezzilを利用するには、 Vive

サッカーの歴史
サッカーを永遠に変えた5人の選手

長年世界で楽しまれているサッカー。これまでサッカー界ではレジェンドと呼ばれるプレイヤーがたくさん誕生しており、彼らはサッカーを多く変えてきました。 そこでこの記事では、サッカーを変えたスター選手を紹介します。 ペレ サッカー史上最も偉大な選手といわれているベレ。 ブラジル人のペレは、クラブでのキャリアの大半をサントスで過ごし、サントスの歴代最多得点者でもあります。ペレはゴール前での強さに定評があり、ブラジルではFIFAワールドカップを3回制覇ました。また、シニアチームの歴代最多得点者にも輝きました。 その他、1970年のワールドカップでの活躍により、FIFAワールドカップ・ゴールデンボールを受賞するなど、数々の経歴を残しました。 ヨハン・クライフ ヨハン・クライフの天才的な才能を持つサッカー選手であり、サッカー界に大きな変化をもたらしました。ヨハンは選手としてだけではなく、監督としてでもサッカー界に貢献した人物であります。 そんなヨハンはアヤックスやバルセロナで活躍したことで知られており、「トータル・フットボール」の提唱者でもあります。 また、高い技術力と創造性を備えたヨハンは、バロンドールを3度受賞しています。現役引退後は、アヤックスとバルセロナの監督を務め、バルセロナでは「ドリームチーム」を創設しました ディエゴ・マラドーナ ディエゴ・マラドーナは性格が特殊であり多くの物議を醸すことばかりでしたが、その天才的な才能は誰もが認めていました。 マラドーナは幼い頃からクラブと国の両方で活躍しており、その経験からもマラドーナがフィールド上で期待を裏切ることはほとんどありませんでした。 また、マラドーナは1986年にアルゼンチン代表としてワールドカップを制覇し、クラブでのキャリアの大半を過ごしたナポリでは、スタジアムにマラドーナの名前が付けられています。トラブルも多いマラドーナでしたが、その実力はまさに天才的だったと誰もが認めているでしょう。 クリスティアーノ・ロナウド

トレーニング
サッカーファンにおすすめのサッカーがテーマの映画を紹介

サッカーは世界中で人気を集めているスポーツ。そのため、これまでサッカーをテーマとした映画がたくさん公開されてきました。 そこでこの記事では、サッカーがテーマのおすすめの映画を紹介します。 レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 サッカーは世界的に注目度の高いスポーツであり、時には国家レベルで影響を及ぼすことがあります。 「レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏」は、ヨーロッパのベスト・レフェリーに選出されたイングランドのハワード・ウェブを主人公としたストーリーであり、政治とのかかわりなど、その舞台の裏側が描かれています。 サッカー好きであれば一度は見ておきたい、ドキュメンタリー映画だといえるでしょう。 ぼくのプレミアライフ 「ぼくのプレミアライフ」はヨーロッパのクラブ・アーナセルをテーマとした映画。主人公の少年は、父と一緒にアーナセルの試合を見に行ったことで、アーナセルの大ファンになります。そして、アーセナル最優先の人生を送っていくのですが、いつまでも低迷を続けるアーセナルはなかなか活躍することができません。 その後少年はどのようにアーナセルをサポートしていくのか? アーセナルファンの方も、そうでない方も楽しめる作品となっています。 コッホ先生と僕らの革命 「コッホ先生と僕らの革命」は、ドイツ・サッカーの父として知られているコンラート・コッホをテーマとした実話。コッホが子どもたちにサッカーを教えながら、協調や公正を重んじる精神を育ませていく様子が描かれている感動の作品となっています。 サッカーを純粋に楽しんでいたころの初心を思い出させてくれる映画だといえるでしょう。

用品
世界一のサッカーボール?ジャブラニについて

誰もが知っているサッカーボールともいえるのがジャブラニ。僕は正直ジャブラニについてよく知らなかったのですが、調べてみるとサッカー界において非常に有名で高く評価されてるサッカーボールだということがわかりました。 そこでこの記事では、みなさんにジャブラニがどのようなサッカーボールなのかを紹介します。 ジャブラニ(JABULANI)とは ジャブラニとはかの有名なアディダス社が販売してサッカーボールです。2010 FIFAワールドカップ(W杯)・Jリーグにおける公式試合球に指定されたことから注目を集めるようなりました。また、2010年のJリーグやドイツ・ブンデスリーガ2009-10(シーズン後半のみ)、同年の東アジアサッカー選手権の公式試合球としても使用されました。 そんなジャブラニは、ワールドカップ開催国である南アフリカ共和国の公用語のひとつ・ズールー語で「祝う」「祝杯」を意味します。そのため、イベントごとには最適なサッカーボールだということでしょう。 ジャブラニは製造過程でかなりこだわられているのが特徴。まず、天候に左右されないキックの安定性を得るためにジャブラニの表面皮革パネル数を14枚から6枚減らました。そして、トライポッド型のパネル4枚、トライアングル型のパネル4枚を組み合わて、計8枚としたのです。これにより、かつてない安定さを手に入れることができたのです。 また、ジャブラニの皮革には特殊なデザインが施されているのが特徴。 表面上には雨などで濡れた際に滑りやすくなるのを防ぐために、凹凸が施されています。そのため、天候が崩れた日であっても、通常通りにプレイすることができます。また、凹凸を加えたことで「無回転シュート」のボール変化は通常より大きくなるという変化もありました。 このようにジャブラニはそれまでのサッカーボールとは異なるデザインを採用してことで、従来のサッカーボールが抱えていた問題を解決することができたのです。 ジャブラニのデザイン ジャブラニの表面には、11色を使用したデザインが施されています。この「11」という数字には以下の3つの意味があります。 1.11番目のワールドカップ公式球 2.南アフリカの公用語の数 3.サッカーの1チームあたりのプレイヤー数

サッカーニュース
2022 FIFAワールドカップについて

サッカーのビッグイベントとして多く人に注目されているワールドカップ。そして、来年2022 FIFAワールドカップが開催されます。 新型コロナウィルスでイベントが規制される中、このようなイベントが開催されるのは、とてもワクワクしますよね! そこでこの記事では、2022 FIFAワールドカップについて解説していきます。 2022 FIFAワールドカップ 2022 FIFAワールドカップは、2022年11月21日から12月18日にかけてカタールで開催されます。この大会は、22回目のFIFAワールドカップとなります。 2022 FIFAワールドカップは、ドーハ、ルサイル、アル・ホール、アル=ワクラ、アル・ラーヤンの5都市・8会場での実施を予定しています。 通常ワールドカップは欧州の主要なサッカーリーグがシーズンオフを迎える6月から7月に開催されます。しかし、中東に位置しているカタールでは夏の暑さが厳しく選手に与える負担が大きいため、2022 FIFAワールドカップは特別に11月に開催されることになったのです。 出場国枠 2022

サッカーの歴史
多くの人に知られていない?世界で最高のサッカー選手

世界中ではメッシやクリスティアーノ・ロナウドなど、世界的に活躍している選手がたくさんいます。こう言った有名選手ばかりが注目されがちですが、実は世界には僕たちが知らないような最高のサッカー選手がいるのです。 今回はサッカー好きの僕が、この選手はすごい!と思う選手を厳選してしました。みなさんは以下の選手をすでに知っていたでしょうか? ヘンリク・ムヒタリアン 年齢:23歳 ポジション:ミッドフィールダーを攻撃 クラブ:シャフタール・ドネツク ヘンリク・ムヒタリアンはシャフタール・ドネツでプレイしている23歳の選手。ヘンリク・ムヒタリアンはアルメニア出身の選手であり、UEFAチャンピオンズリーグではスター選手として活躍しました。まだ、名前はあまり知られていませんが、地元では天才といわれており、多くのサッカー関係者に期待されています。 また、ヘンリク・ムヒタリアンはシーズン中に驚異的な10ゴールを記録。さらに、4アシストを獲得するなど、大活躍をしてチームの勝利に貢献しています。 ヨーロッパの有名リーグでプレイするようになるまでそう長くはないでしょう。 ヨエル・ポーヤンパロ 年齢:17歳 ポジション:ストライカー クラブ:HJKヘルシンキ ヨエル・ポーヤンパロはフィンランド・ヘルシンキ出身のプロサッカー選手。ヨエル・ポーヤンパロはわずか17歳ですが、すでにベテラン並みの活躍をしており、多くのサッカーファンの印象を与えています。 また、圧倒的なゴールスコアリングの記録を保有していることから、「完璧なハットトリック」の1つを含め、YouTubeで彼の名シーンを集めた動画が多数配信されています。

用品
サッカーのスパイクの選び方

サッカーをプレイする際には、スパイクは欠かせません。そして、サッカーのプレイのパフォーマンスを最大限にするためには、最適なスパイクを選ぶことが大切です。そこでこの記事では、正しいスパイクの選び方を紹介します。 スパイクの選び方がわからない、素材について知りたい、という方はぜひこの記事でスパイクについての知識を身に付けてくださいね。 1. 予算を決める まずは、スパイクを購入する際に予算を決めましょう。予算を最初に決めておけば、値段で選択肢をかなり絞ることができるので、時間を節約することができます。 予算としては3万円程度に設定すると、かなり幅広いラインナップから選ぶことができます。ただし、これよりも安くスパイクを購入することもできます。安いものだと1万円以下で購入できるものあるので安心です。 2. サッカーのフィールドサーフェスを決定 スパイクはフィールドのサーフェスによって選ぶべきものが異なります。 そのため、まずは自分がどのようなサーフェスでプレイしているのかを明らかにしましょう。サーフェスに適していないスパイクを選んでしまうと、けがの原因になってしまうことがあります。 それぞれのサーフェスに合ったスパイクは以下の通りです。 乾燥またはわずかに湿った天然芝の場合:しっかりした表面のスパイクが最適です 湿った、泥だらけの天然芝の場合:ソフトグラウンドのスパイクが最適です。 3Gと4Gの人工ピッチの場合:人工地盤のスパイクが最適です。 砂と水ベースのアストロターフピッチの場合:アストロスパイクが最適です。

サッカーニュース
PSGはチャンピオンズリーグを制するか?

毎年注目されるヨーロッパリーグ。今シーズン、パリ・サンジェルマン(PSG)は、セルヒオ・ラモス、ジョルジニオ・ワイナルダム、ジャンルイジ・ドンナルマを獲得するなど、多くの有力選手を獲得しています。また、リオネル・メッシの移籍で話題を集めたのも、記憶に新しいですよね! PSGのチームは、チャンピオンズリーグでも優勝候補に挙げられています。ただし、今シーズンに関してはPSGがUEFAチャンピオンズリーグで優勝するのは難しいのではないか、という意見もあります、この記事では、その理由を紹介します。 マウリシオ・ポチェッティーノはまだ経験不足 パリ・サンジェルマン(PSG)の監督を務めているマウリシオ・ポチェッティーノ。彼は才能のある監督ではありますが、経験不足が指摘されています。 ポチェッティーノは、無名のトッテナム・ホットスパーを2019年のUEFAチャンピオンズリーグの決勝に導き、ハリー・ケインやデレ・アリといった選手の育成に貢献しました。 しかし、その経営手腕にもかかわらず、ポチェッティーノは自分が監督したクラブで主要なトロフィーを獲得したことがまだないのです。これは、トッテナム・ホットスパー時代にもよく言われていたことであり、パリ・サンジェルマン(PSG)でも同じ結果になるのではないかといわれています。 PSGにはワールドクラスの中盤のプレーメーカーがいない パリ・サンジェルマン(PSG)はバランスの取れた実力のあるクラブです。しかし、サッカー関連者の間でよく指摘されているのが、パリ・サンジェルマン(PSG)は中盤が弱いということです。 アンデル・エレーラ、マルコ・ヴェッラッティ、ジョルジニオ・ワイナルダム、イドリッサ・グエらは、中盤の中心で活躍している選手ですが、クリエイティブ性にかけるという声が多く聞かれます。これがパリ・サンジェルマン(PSG)の弱さにつながってるのです。 今後この欠点を強化したいのであれば、新たな選手を取得する必要があるでしょう。 PSGは左サイドバックに問題を抱えている パリ・サンジェルマン(PSG)は近年、フルバックに問題を抱えています。そのため、この問題を解決するために、今夏、インテル・ミラノから右サイドバックのアシュラフ・ハキミを5400万ポンドで獲得しました。 しかし、左サイドバックは、怪我の多いファン・ベルナトと安定性に欠けるレイヴィン・クルザワに頼らざるを得ない状態が続いています。 ベルナトとクルザワはどちらもトップクオリティーの左サイドバックではなく、ベルナトは大怪我から回復中で、昨シーズンは全大会で3試合しか出場していません。 そのため、チャンピオンズリーグでの優勝を目指すのであれば、PSGは左サイドバックを強化する必要があるでしょう。